株式会社天野企画 Recruit

クロス・トークCROSS TALK

デザイナー座談会Designer talk

クロス・トーク参加者

  • 編集部 主任 クリエイティブディレクター

    吉川 圭太ニックネーム:よっしー

    主任として、個性豊かなデザイナー達を取りまとめています。自分の手で制作する事が少なくなって悲しい。

    吉川 圭太のインタビュー
  • 編集部 チーフデザイナー

    渕崎 愛ニックネーム:せんせい

    デザイン未経験からデザイナーになり、最近では後輩の指導もするようになりました。

    渕崎 愛のインタビュー
  • 編集部 デザイナー・カメラマン

    鷲見 彩香ニックネーム:ちょす

    デザイナーだけでなく、カメラマンとしても活躍中。将来の夢は自分のスタジオを作ること。

    鷲見 彩香のインタビュー
  • 編集部 デザイナー

    吉田 真緒ニックネーム:だーよし

    2018年入社の新人デザイナー。現在育成訓練期間中で、日々デザインなど様々なことを勉強中。

    吉田 真緒のインタビュー

デザイナー座談会ということで初めていきたいんだけど、じゃあ最初にそれぞれの入社のきっかけはなに?

私の場合はハローワークで探していて、その時はデザイナーとして仕事をしたいとかは考えてなくて、撮影とか楽しそうだなっていうノリで違う会社をハローワークの窓口に持っていったんです。

そうしたら、窓口の人が「撮影だったら、あなたの家から近いところでもう一社あるけど」って言われたのが天野企画でした。それで業務内容を見たら、撮影だけでなくてデザインもやっていて、私はデザイン系の学校に行っていたので「やっぱり学んできたことを活かせる仕事がいいかな」と思ったのがきっかけですね。

学校に行っていたころは、デザインを仕事にしようとは思ってなかったんです。でもクリエイティブな仕事には就きたかったので、じゃあ撮影かなって探してたところで紹介してもらったんです。
そのハローワークの人が「この会社、若くて活気があっていいよ」と勧めてきたので受けることにしたんですよ。だからその人が勧めてくれなかったら来てなかったですね。

鷲見さんは?

学歴が全く無いので、イラストレーターやフォトショップのスキルの方で入れる会社を探してたんです。実際、他に何社か受かっている会社はありました。でも他の会社は、当時の自分のスキルでも仕事をこなしていけるような会社だったので、スキルアップはしていけないなと。あとは会社が名古屋だったりってとこもあって、いろいろ考えていました。

そんな時に母の紹介で、天野企画を知ったんです。天野企画は母が勤めている会社の取引先で、母がFaceBookで天野企画が求人しているのを見つけて紹介してくれたんです。
天野企画は、私が全然スキルがない方面のWEBデザインとか学べることが多いし、カメラが好きなので撮影もできるっていうのは大きかったです。

それで、最終的に比べて「やっぱり技術を学べる会社がいい」と思って、天野企画に入りました。

渕崎さんは?

私の場合はデザイナーで入ったというか、そのとき膨大なデータ入力の仕事があったので、臨時のバイトで来たのが最初です。
それから、そのデータ入力は終わったんですけど、他にも仕事がたくさんあって「じゃあ短期バイトもう少し」って、そのまま定着したって感じです。

その時はイラストレーターやフォトショップは全く使えなかったんです。HTMLは少しくらいなら分かるかなって感じのレベルで、そこから勉強していきました。
だから、私はアルバイトの期間が長いんです。会社としても、その時はデザイナーを育てるっていう環境が整っていなくて、私が育てられることで育成プログラムができたので、最近の人はきちんと育ててもらっていいなと思いますよ。

僕の場合はハローワークからなんだけど、人生でもう何回目かの就職活動で、今までは条件とか場所とか職種であんまり選んでいなかった。で、今回はデザイナー一本に絞っていくぞって、それ以外は受けていなかったんだけど、そうするとドンドン受けれるところが無くなってしまった。

そもそも、デザイナーの募集って実務経験2年以上とか、デザイン系の大学か専門学校卒とか条件があって、その2つとも無かったんで受けられるところが少ない。
天野企画は未経験でも可だったので応募できた、これはデザイナー募集ではなかなか貴重だと思う。

天野企画は入社すると、研修…というか訓練期間があります。
助成金を使っての訓練なんだけど、ここにいる全員が訓練を経験していて、現在吉田さんが訓練期間の最中ですね。で、みなさんこの訓練はどうでした?

私の場合はWEBは初心者だったので、訓練で教えてもらえたのはありがたかったです。
訓練中に通うパソコンスクールも、就業時間中通って、しかもスクール代も会社が全部出してもらえるのは凄いと思う。

私は訓練が始まったのが入社してだいぶ働いてからだったので、それまでの仕事と業務内容がそんなに変わらなかったので、正直OJTはそんなにだった。でも、今までも業務でやっていた分パソコンスクールでは、もう少し先のWEBのプログラミングをやれたのはよかった。その時に勉強したことは今でも結構役にたっているし、プログラムを勉強するきっかけにもなった。

吉田さんも、まだ訓練が終わっていないけど凄く伸びていると思う。
まだまだ、デザインが荒い部分はあるけど仕事を任せられる戦力に育ってる。

私は、訓練の最後に厳しい試験があるって言われてめっちゃビビッていますよ……(※本当はそんな試験はありません)

一同笑い

天野企画に入る前と後で印象は変わった?

私が入ったときは、今とはだいぶ違った。私以外は一回り以上違うおじさんばっかりで、あんまり会話がなかった。

一同笑い

まあ、それはしょうがないよね、当時は今とだいぶ仕事の内容もやり方も違うし、そもそもおじさんはそんなにしゃべらないから。
まあ、ちょっとそれは置いといて、2人はどうだったかな?

私も、最初のうちはそんなにコミュニケーション多くなかったですよ。でも、ちょっとしてからランチを一緒に行くようになったりして馴染んできました。

私が入ったときは結構「ワーワー」してましたよ、活気があったし馴染むのもすぐでしたよ。

鷲見さんが入ってからの1年で変わったと思う。若い人が増えたし女性も増えたから。やっぱりおじさんとしゃべる話題は少ない。

やっぱり若い人は、仕事をやらずによくしゃべるよね。

「キャーキャー」ね。

キャーキャー

キャーキャー

でも、それはそれでいいことだと思う、僕が入ったころより全然活気があるしね。
会社に活気があるってことは大事なことだから、これからもドンドン騒いでください。

一同笑い

天野企画の魅力ってなんだと思う?入ってよかったとことか

魅力……ねぇ、まあ、イベントがいっぱいあるとか

ああー、それは楽しいですね。
学校に行っていたときは、行く日になると「あーもう行きたくない」って死にたくなるんですよ。でも天野企画に入ってからは、朝眠くて「行きたくない」ってちょっと思うことはあっても、「絶対に行きたくないィィィッ!」って思うことはなくなりました。

一同笑い

すごくポジティブになったと思う。

そうだね、やっぱりやりがいもあるしね。
私も前の仕事とか「もう無理ィィ」ってなることもあったけど、ここは来たくないって思うことは無いよね。

すっごく朝眠たい時もあるけど「今日も起きてよかった」って思うようになった。

一同笑い

僕も前の会社が、嫌っていうわけじゃないけど、割とがんばらなきゃいけなかった。その時は日曜日しか休みが無かったから、休みの日が早すぎて月曜日は行きたくなかったよ。
看板屋さんだったんだけど、現場に行くこともあったから体力的にもキツイのに、週休1日だったから、今週休2日はやっぱりいいよね。

他には?

モニターが一人2枚づつある。

それはデザイン会社なら普通でしょ

一同笑い

人間関係はいいですよ。人間関係で精神的にこないのはいい。

まあ、今はね
どうしても、合わないって人はいるからしょうがないけどね。
でも天野企画はウェルカム体制だから、よっぽど合わないって人じゃない限りは大丈夫。

社内企画とかが多いのも魅力かな?

BBQとか昼コミュ(※月一のランチ会&イベント企画)とか楽しいですよ。

天野企画は、社名に企画って付くくらいだから楽しいことをたくさん企画しないとね。
社内企画は結構入ったばっかりでもブン投げてやってもらうことおおいよね。
社内企画なら誰も口出ししないので、早いうちから任せられて考えて仕事をするっていうのは魅力なんじゃないかな。

私も、入ってすぐに広告用に社員の集合写真を撮ってってブン投げられて大変だった。

一同笑い

でもロケーション考えたり、衣装考えたりで、やってみたら面白くてよかった。

じゃあ、他の会社とここが違うって所は?

小さい会社なんで、割と自分の発言力がある。
今までの会社だと意見を言っても変わることが無かったし、そもそも意見を言う機会もなかった。でも、天野企画は自由に意見が言えるし、採用されるかどうかは分からないけど、とりあえず考えてはくれる。

割りと先輩のプライドがゴリゴリ高い会社が多いけど、天野企画はそういうところがない。

私はイラストレーターとか誰かに習ったわけじゃなくて、自己流でやってきたんで他の人が使ってないような機能を使ったりした時にするんです。
そういうときにプライドの高い先輩だと「ああ、その機能ね当然知ってるよ」的な感じで来る人がいるけど、天野企画だと先輩や社長でも「今のどうやってやったの?教えて!」ってくるのは最初驚いた。そこは凄くいい。

あと、私が入って最初の全体会議の時に「社長が忙しいので、どうやって社長のタスクを軽くするか」って会議をやっていて驚いた。
前の会社は、どうやって自分の仕事を押しつけるかって会議をしていたので、180度違うって思った。己に振りかかっても社長のタスクを減らすっていうのは、天野企画の団結力だと思う。

それは、社長の器が割りと大きいんじゃないかと思う、僕も他の器の大きい人を知らないからどのくらい大きさかは分からないけど。
今まで勤めてきた会社の社長は、割と器の小さい人が多かったから、それよりは間違いなく大きい。

一同笑い

やっぱり、最終的には社長の色っていうのは、会社に大きく反映されると思うから、他社との違いっていうのはそういうところですかね。

じゃあ、最後にそれぞれの目標を聞きましょうか。

仕事何やってるのって聞かれた時に、自信を持って「デザイナーです」って言いたい。
今は小声でしか答えられないので、「デザイナーですけど(ドヤ顔)」って言えるようになりたいです。

私は天野企画に写真部を作る!

今は、難しい写真や力を入れて撮る写真は社長が撮っているけど、写真なら任せてもらえるようになりたい。
社長と撮影にいくと、最初は社長がディレクターで私がカメラマンっていう役で行くんですけど、途中で社長に「ちょっとカメラ貸しって」ってシャッターを奪われるので、奪われないようにしたい。

一同笑い

私はもう少しPHP、JavaScriptとかプログラミングをできるようになっていたい。あとはデザインで、何かしらのコンペに応募して採用されたい。社内だけじゃないところで、自分のデザインを評価されてみたいって思う。

最後に僕の目標は、個人的には独立してデザイン事務所を構えるっていうのが大きな目標で、天野企画の間の目標としては「教える」ってところかなって思ってます。もちろん今やってる仕事を後輩に教えるっていうのもあるし、人の前に立って教えるっていうのも経験していきたいな思ってます。

エントリー・問い合わせ